展示室

企画展

2011~2016年度 新収蔵品展 期間 :平成30年12月15日(土) ~ 平成31年3月24日(日)

京都の学校史をたどる――中学校・高等学校編――
(旧制中学校・高等女学校・実業学校・新制中学校・新制高等学校)

開催概要


1962(昭和37)年 京都市立西京高等学校
フォークダンス
   学校に関する史料は,学校にあるものがすべてではありません。むしろ,個人が大切に保管してきた日記や写真,私文書などの方が,学校のリアルな姿を映し出すことがあります。本展は,この「学校の外にあった学校関係史料」で,明治期から現代までの京都における中等教育の学校史を振り返ります。
   中等教育とは,初等教育を終えた後の段階の教育のことです。現在は,中等教育の前期が中学校,中等教育の後期が高等学校で行われ,多くの学校が男女共学です。しかし,70年ほど前までは中等教育は前期・後期にわかれず一貫して旧制中学校・高等女学校・実業学校などで行われ,すべての学校が男女別学校でした。
   本展では,2011年度以降に個人から寄贈いただいた学校史料のうち,中等教育の学校に関する史料を,わかりやすい解説をつけて展示します。  

会期 平成30年12月15日(土)~ 平成31年3月24日(日)
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)・12月28日~1月4日
会場 第1会場:1階 第2展示室 , 第2会場:3階 第3展示室
開館時間 午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
入場料 大人200円 小・中・高生100円
  (20人以上の団体は,大人160円 小・中・高生80円)
  ※上記の入館料で常設展示と企画展示をご覧いただけます。
☆★市内の小・中学生は土・日曜日入館無料★☆

◆◇◆その他の各種割引はこちら◆◇◆


ページの先頭へ

展示史料例

◆◇◆貴重な史料の数々,その一部をご紹介いたします◆◇◆


1935(昭和10)年 京都府立京都第一中学校
実弾射撃 (深草射撃場)


1917(大正6)年 京都府立第二高等女学校
卒業記念 (仮装行列)


1947(昭和22)年5月 (新制中学校が誕生したとき)
中学1年生の日記


1917(大正6)年 京都府立第二高等女学校
卒業記念 (友人たちと)


ページの先頭へ

広報物ダウンロード

◆◇◆リンクを右クリックして 「対象をファイルに保存」 を選択し,ダウンロードしてご覧ください◆◇◆

チラシ(PDF:1.30MB)

B3ポスター(PDF:457KB)

2011~2016年度 新収蔵品展
「京都の学校史をたどる――中学校・高等学校編――」
関連イベント
 ◆◇◆お申込方法はこちら◆◇◆

① 上映会: 「小津安二郎の名作映画でむかしの子どもを見よう!
Part3『浮草物語』」

日 時

平成31年2月24日(日) 

午後2時~4時 (受付は午後1時30分から)

弁 士

遊花 氏 (NPO法人 京都の文化を映像で記録する会 理事)

解 説

濱口 十四郎 氏 (NPO法人 京都の文化を映像で記録する会 理事長)

和崎 光太郎 (当館学芸員)


◆◇◆番組小学校創設150周年記念シンポジウム
「学校資料の活用を考える――学校資料の価値と可能性――」
◆◇◆

日 時

平成31年3月10日(日)

午前10時~午後3時30分 (受付は午前9時30分から)

報告者

遠藤  正教 氏 (旧開智学校)

村野  正景 氏 (京都府京都文化博物館)

三原  慎吾 氏 (大学入試センター)

大平   聡 氏 (宮城学院女子大学)

宮坂  朋幸 氏 (大阪商業大学)

和崎  光太郎  (京都市学校歴史博物館)

主催

京都歴史文化施設クラスター実行委員会

京都市学校歴史博物館

ダウン
ロード
チラシ(PDF:1.53MB)リンクを右クリックして「対象をファイルに保存」を選択し,ダウンロードしてご覧ください。
 
③ 講演会: 「戦後京都の高校新聞」
日 時

平成31年3月16日(土)

午後2時~3時30分(受付は午後1時30分から)

講 師

和崎 光太郎 (当館学芸員)

 
◆◇お申込方法◇◆
定 員 ①120名 ②100名 ③70名
(※要申込/先着順)
費 用 無料 (要当日入館券200円,各種割引制度あり)
場 所 学校歴史博物館
申 込

先着順,定員に達し次第受付終了いたします。

以下により学校歴史博物館へお申込みください:

●TEL:075-344-1305 (午前9時~午後5時,水曜休館)

●FAX:075-344-1327

 京都市学校歴史博物館 宛

●Email:rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp


※イベント名,代表者氏名,連絡先電話番号,参加人数(申込方法に合わせて住所・FAX番号・メールアドレス)を明記して下さい

※おかけ間違いのないようご注意ください


ページの先頭へ

これまでの企画展一覧へ

ページの先頭へ